トップ / インプラントの種類と仕組

固定式入れ歯のインプラント

オーバーデンチャーというのは、最低2本のインプラントを歯茎に埋入し、入れ歯を固定する固定式入れ歯です。入れ歯を固定するために、不快な横滑りを防ぐことができます。また、しっかり固定されるため、以前のように自分の歯のように噛むことができます。オーバーデンチャーには、ボールタイプとバータイプ、オールオンフォータイプがあります。ボールタイプでは、従来入れ歯のような、自分で取り外し、お手入れすることができます。バータイプ、オールオンフォータイプでは、自分で取り外すことはできませんが、より強固に固定できます。固定式の入れ歯は、埋入するインプラントの数が少なくて済むので、治療費、治療時間が改善され、患者さんの負担を軽減することができます。

歯根を残す治療方法について

歯が抜けてしまった部分は、骨が吸収し、歯茎が磨り減ってしまいます。そこには、金属を埋め込むインプラントの処置をした方が、入れ歯にするよりも、骨の吸収は遅くなり、まるで自分の歯のように生活をすることができるのです。しかし、この治療自体も体には負担を掛けるものではあるので、できることならばうまく自分の歯を残していきたいものです。歯の根だけでも残すことができるのならば、オーバーデンチャーにすることができるのです。オーバーデンチャーとは、歯の根だけを残して上には義歯を取り付ける方法です。抜歯をしなくてもすみ、、インプラントのように、金属を埋め込むこともないので、体への負担はずいぶん軽減されます。

医師選びと治療の情報